プロフィール
Sgt. Saunders
Sgt. Saunders
少ない軍資金でコツコツ集めてウン十余年。
基本はWWⅡUS​陸軍歩兵科です。US​WWⅠ​モノ、朝鮮戦争モノ、ヴェトナム戦争モノ、WWⅡドイツ軍モノ、大日本帝国海・陸軍モノにもチョロチョロ手を出す癖アリ。
また軍用銃、特にWWⅠ以降のUS・ドイツのものに深い興味があります。
Have been interested in the accoutrements of U.S. infantrymen, heavy emphasis on WW2. Also in those of The Third Reich.
好きなTV映画(Favorite TV movies):COMBAT! 、OK捕虜収容所(Hogan's Heroes)、特攻・ギャリソンゴリラ(Garrison's Gorillas)、ラット・パトロール(The Rat Patrol)、M*A*S*H、頭上の敵機(爆撃命令)(12 O'clock High)、0011ナポレオン・ソロ(The Man from U.N.C.L.E.)バンド・オブ・ブラザース(The Band Of Brothers)など。
好きな映画(Favorite films):チャップリンの独裁者(The Dictator)、プライベート・ライアン(saving private ryan)、フューリー(Fury)など。
QRコード
QRCODE
< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
オーナーへメッセージ

コレクション ブログランキングへ

2014年02月02日

M1カービン用15連マガジン(15 rounds magazine for US M1 Caribine)

こんにちは
新年2回目となる、超ゆっくり更新については何卒ご勘弁下さい。

今回は「US M1カービン用15連マガジン」の小コレクションです。

私とM1カービンの接点は、TV映画「コンバット!」の「ヘンリー少尉が携えている武器」として見たのが初めてでした。
もちろん何回目かの再放送でのことでして、サバイバルゲームが世に出始めの頃(1980年代初め頃)。マルシンからM1カービンがエアーガンとして発売された頃と重なります。
ヘンリー少尉に限らずアメリカ人は日本人より体が大きいので、M1カービンがまるで子供用のおもちゃの小銃のように映って見えました。

で、本物のM1カービンは所持できませんので、「せめてアクセサリーだけは」とコレクションしたのがマガジンです。
昔(もう10数年以上前ですが)は入手しやすかったのですが、最近はなかなか出ませんねぇ。


↑5本並べて背面から・・・。


↑底面も分かるように・・・。


↑フォロワーも分かるように・・・。背面に2つずつある出っ張りは銃側のマガジン脱着ボタンに引っ掛けるためのものです。ご存じですよね。
また、いわゆる複列型弾倉です。


↑左の3つにはそれぞれ製造者を表す刻印があります。左から「SW(Stanley Works)」「U-S'G'(Saginaw Steering Divison of G.M)」「U(Union Hardware)」。他にもたくさんの製造者により生産されたようです(→こちら(The M1 / M2 Carbine Magazine FAQ by James Wesley, Rawles )をご覧ください)。


↑底部プレート。補強の凹みありのモノ、平らで穴のあいているモノ、大体この2種類に大別されるでしょうか。


↑実は右の2つは・・・トイガン用のモノです。右端はMGC製モデルガンM1カービンのモノ。右から2番目がCMC製モデルガンM1カービンのモノです。


最後に真上から。左端のStanley Works(SW)製のモノだけ前面の合わせ部分が上から見て右巻きになっています。これは特に仕様書では指定はなかったのでしょうか。製造時期によってもいろいろあるのかもわかりません(未確認です)。

実銃は所持できないので、これまでMGC製モデルガンM1カービン、CMC製モデルガンM1カービン、マルシン製エアーガンM1カービンを入手してきました。マルシン製エアーガンM1カービンを一番初めに入手したのですが(1983年頃でしたか)、それに付属していたプラスティック製マガジンが、実物より若干サイズが大きく作られているというのを知らず、WWⅡ時のGIのようにストックにマガジンパウチを装着した上で、マガジンを収めようとしても、パッツンパッツンで蓋フラップがきつくて閉まらなかったのを思い出します。

それでは、また。






同じカテゴリー(米軍(U.S.))の記事画像
M-1910水筒とステンレス水筒(M-1910 Canteen & Stainless steel Canteen)
M13 ガン・カバー(Cover, Gun, M13)
M7 マシンガン・カバー(Cover, Machine gun, M7)
US X型サスペンダー(2)(Suspenders, Pack, Field, Cargo-and-Combat(2))
US X型サスペンダー(Suspenders, Pack, Field, Cargo-and-Combat)
ジャングル・ファティーグ 2ndモデル(Tropical combat man's coat, 2nd pattern)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。