プロフィール
Sgt. Saunders
Sgt. Saunders
少ない軍資金でコツコツ集めてウン十余年。
基本はWWⅡUS陸軍歩兵科です。US​WWⅠ​モノ、朝鮮戦争モノ、ヴェトナム戦争モノ、WWⅡドイツ軍モノ、大日本帝国海・陸軍モノにもチョロチョロ手を出す癖アリ。
また軍用銃、特にWWⅠ以降のUS・ドイツのものに深い興味があります。
Have been interested in the equipments of U.S. infantryman, heavy emphasis on WW2. Also in those of The Third Reich and military small arms.
好きなTV映画(My favorite TV movies):COMBAT! 、OK捕虜収容所(Hogan's Heroes)、特攻・ギャリソンゴリラ(Garrison's Gorillas)、ラット・パトロール(The Rat Patrol)、M*A*S*H、頭上の敵機(爆撃命令)(12 O'clock High)、0011ナポレオン・ソロ(The Man from U.N.C.L.E.)、バンド・オブ・ブラザース(The Band Of Brothers)など。
好きな映画(My favorite films):チャップリンの独裁者(The Dictator)、プライベート・ライアン(saving private ryan)、最近ではフューリー(Fury)など。
QRコード
QRCODE
< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
オーナーへメッセージ

コレクション ブログランキングへ

2018年07月22日

M-1943 イントレンチング・ショベル(M-1943 Intrenching shovel)

皆さんこんにちは。

猛暑の続く当地大阪(の中でも最高気温が府下ナンバー1を誇る枚方(ひらかた)の近く)から今回お届けしますのは、WWⅡ米軍がそれまでのTボーンショベル(M-1910イントレンチング・ショベル)に替えて採用したM-1943イントレンチング・ショベル(Shovel, Intrenching, M-1943)です。隔週日曜日の正午を定刻として投稿完了を目指している当ブログ、今回は定刻より少し早く投稿できました。

まずはキャリアーに収まっている図です。このキャリアーについては過去記事(→M-1943 ショベル・キャリア(Carrier, Shovel, Intrenching, M-1943)を参照ください。


↓フラップを開けて、


↓上へ引き上げて、


↓はい、引き上げて…、


↓取り出しました。柄は木製でブレード(匙部)は鋼製。全体がいわゆるOD色で塗装されています。



↓裏返してみました。柄の端っこやブレードの先端部分など、使用により塗装が剥げてきています。


↓ブレードのアップ。強度を持たせるため段が付いている中心部分は、より厚くなってます。


↓もう一度裏返し。柄とブレード部をつなぐ先細りのソケットと、固定ナット、ワッシャー、ヒンジ、ブレード。


↓ブレードの隅に刻印があります。「US」、「WOOD」、「1944」とあり、1944年WOOD社製であることが分かります。WOOD社のほか、AMES社(AMES BALDWIN WYOMING COMPANY)とA.F. & H. 社(AMERICAN FORK & HOE COMPANY)も製造していました。因みにA.F.&H.社は後にAMES社に吸収されています。


↓刻印が表側に少し浮き出ていますね。


↓まず、このアルミ合金製の固定ナットを緩めて、


↓これ位です。


↓横から見るとこんな感じです。


↓ブレードを直角に起こして…、


↓横から見るとこんな感じです。


↓ナットを締めて固定しますと…、


↓「鍬(くわ)」になりました。


↓さらに、同じ要領でナットを緩めてブレードを柄と直線になるようにして...、


↓固定すれば...、


↓はい、ショベルになりました。


↓ヒンジ部分の拡大です。


↓鍬にして別の角度から撮影。ブレードの表側からでも見えますが、ヒンジとブレードはこのように合計4つのリベットで固定されています。粗悪なレプリカ品はこの辺りでリベットを3つにケチったり、あるいはヒンジの形状やリベットそのものの大きさが小さかったりして十分な強度が期待できないモノとなっている例が多いです。


↓ブレードの厚みはこんな感じです。少し刃が付いています。


↓ソケットと柄を結合しているリベットは両サイドから2本打たれています。


以上いかがでしたか?
単なる使用説明書になってしまっていますね。
この「折り畳みショベル」は過去記事のキャリアーでも記しましたが、この先代にあたるM-1910イントレンチング・ショベル(通称Tボーン・ショベル)に替わって、ブレードを折りたたみ式にすることによって収納時の全体の長さを短くしたモノであり、ハッキリ言ってドイツ軍の折りたたみショベル「Klappspaten(クラップシュパーテン:折り畳み式スコップ)」のフルコピーです。ドイツ軍も1938年にその先代の「Kleines Schanzzeug(クライネス・シャンツォイク:小型塹壕構築具)」から折りたたみ式のKlappspatenを採用することになったのですが、その目的はどちらも省スペース化と多機能化でありました。

なお、このM-1943イントレンチング・ショベルは、後に「ツルハシ」パーツをも付加させた「M-1951イントレンチング・ツール」と発展を遂げていくことになります。

現在日本では状態のいいモノで5,000円くらいから入手可能でしょうか。アメリカでもそれほど高価ではありませんが、重く嵩張るので送料が割高になり、他に沢山まとめ買いをしないとお得感は感じにくいです。WWⅡ後期~ヴェトナム戦初期頃の米軍ファンの方は、国内で見つけたら入手しておいた方が良いと思います。あまり市場に多く出回ってはいないような印象がありますので。後継のM-1951も、あまり出物を見ないですが、同額ほどでいい状態のモノが国内で入手可能です。

このショベルですが、我が家では実用品としての「価値」があるので、他の軍装品とは違って存在自体は肯定的に見られています。
即ち花壇の手入れや庭木の植え替え時に重宝するからです。あと実用できるユテンシル類や普段着使いとして着るパッチや階級章の付いていないコート類等も何とか存在を認められていますし、時と場合と運によれば、その購入予算を廻してもらえることもあります。

それでは今回はこの辺で失礼いたします。熱中症には気を付けましょう。さようなら。














同じカテゴリー(米軍(U.S.))の記事画像
M9ピストル用予備マガジンポケット(Pocket Ammo Magazine for 9mm)
ダミー・カートリッジあれこれ(Dummy Cartridges)
M1911(A1)用グリップ(ストック)(Grip/Stock for M1911(A1) Pistol)
5.56×45mm NATO弾とM27リンク(5.56 NATO & M27 Belt Cartridge Link)
US M9 ピストルのマガジン(Magazine for US M9 9mm semiautomatic Pistol)
M-1943/M-1956ショベル・キャリア(Carrier, Intrenching Tool, M-1943/56)
M-1951イントレンチング・ツール(M-1951 Intrenching Tool)
USMC M1カービン用初期型マガジンパウチ(USMC M1 Carbine Mag Pouch 1st design)
M-1910 カートリッジ・ベルト(M-1910 Dismounted Cal..30 Cartridge Belt)
M-1910ファーストエイド・パケット・パウチ(POUCH, FIRST AID PACKET, M-1910)
M1カービン用マガジン・ポケット(Double-web Magazine Pocket for M1 Carbine )
M-1923 カートリッジ・ベルト(M-1923 Dismounted Cal..30 Cartridge Belt)
ミッチェル・パターン・ヘルメット・カバー(Mitchell pattern camo helmet cover)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。